「スプレッド」とはFX投資は通貨を売買して利幅を狙う取引です。マイクレ

売買の注文の値段は、1日中上下しています。モコム メールレディ

それが為替です。コディナ アロエジェル

テレビを見ているとニュースが流れる状況があります。サクナサク

例としてあげると、「今のドル円は80円50銭から52銭で取引されています」というようにです。ロレックス(ROLEX)

これは80円50銭から80円52銭の幅の中で売買されているという事を意味するのではなくドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭、ということを意味しています。コンブチャクレンズ

つまり、買値と売値の2個の値が存在するのです。身内だろうが何だろうがお金の貸し借りは一切しない

売値、買値の事を別の言い方で表している取引業者もあったりします。

平常時には売値の方が買値よりも安く決められています。

実際に買値は高く、売値は低くなるのが一般的です。

その差額をスプレッドといいFX取引会社の利益とされています。

スプレッドの広さは取引会社によって違います。

スプレッドの差はあなたにとって経費になるので、狭いFX業者をピックアップしたほうが有益です。

ただ、同じFX会社でも状況に応じてスプレッドの幅は変化します。

例えば普段は円とドルの組合せでたった1銭のスプレッドの広さだったとしても、レートの動きが激しい場合には3銭、4銭になったりするのです。

そういう訳で、スプレッドの幅が狭いのと同様に、安定しているのが重要です。

この頃では固定でスプレッドの幅を提示する取引会社も存在しています。

現実に取引業者の取引画面内で本当の為替相場を確認しなければ評価できないので手間がかかりますがとても大事な事です。

多くの資金を賭けて取引をしますので現実の売り買いの前に、関心があるFX取引会社の新規取引口座開設を全てして表示されているスプレッドの幅を確かめましょう。

同じ通貨ペアでもそのときの為替相場の状況によって、外貨のスプレッドの幅は変わることがあります。

おおむね、銀行間取引市場で取引量の多い、流動性の高い米ドル/円やユーロ/円、ユーロ/ドルではスプレッドの幅が狭く、他の通貨ではスプレッドが広くなるのが普通です。