車の損害保険には自賠責保険および任意保険という二個のタイプがあります。75-16-65

任意保険も自賠責保険も、まさかの自動車事故など遭遇したときの補償を想定したものですが、内容や条件はやや違っているといえます。75-4-65

任意保険と自賠責保険をよく調べると補償の対象となる条件が多少同じではありません。75-15-65

※相手には任意保険あるいは自賠責保険で補償します。75-12-65

※自分に関しては、「任意保険」のみで補償します。75-14-65

※自分自身の財産に関しては、「任意保険」のみで補償します。75-18-65

自賠責保険単体では、自らの負傷やクルマについての支援は受けることができません。75-17-65

さらに相手に対する補償ですが自賠責保険であれば死亡してしまった時は最高額三〇〇〇万円後遺症が残ってしまった場合上限額四千万円というように決まっています。75-9-65

しかし賠償額が前に挙げた額を上回ってしまうことはよくあることに注意しましょう。75-8-65

かてて加えて事故の相手の車両または家屋を壊してしまった際には害を加えた者による自己補償になるのです。75-19-65

そのためにも任意保険というもう一種類の保険が大切だという話になるのです。

害を被った者に対するサポートに重点を置く任意保険には、それとはまた違う補償内容があるのです。

※事故の相手方に対しては、死亡時または負傷の他にも自動車もしくは家といったものの対象を補償するのです。

※自分自身へは搭乗者もひっくるめて、死亡時ないしは負傷を賠償してもらえるのです。

※自己の財産へは、車を賠償してくれます。

種々の面における行き届いているのが任意保険の強みなのです。

保険料金の支払いは必要となってしまうのはしょうがないですが、事故を起こした時の相手のためにも自分自身のためにも、乗用車に乗るのであればぜひ任意保険というものに契約しておくべきでしょう。