民事再生による解決は住宅ローンを含む複数ある債務に苦しんでいる債務者をターゲットに住んでいるマンションを維持しつつも金銭管理において再生するための債務を整理する道として平成12年11月にスタートしたルールです。

民事再生には、破産宣告とは違い免責不許可となる要件はありませんので競馬などで借りたような場合でもこの手続きは選択可能ですし破産手続きにより業務停止になる業種で働いている場合等でも手続きは可能になります。

破産の場合だとマンションを残すことはできませんしその他の選択肢ではやはり元金は戻していかなければなりませんので、住宅ローンも払いながら支払うことは現実として簡単ではないでしょう。

といっても、民事再生を選ぶことができれば住宅ローンを除く借入金はかなりのものを減らすことも可能ですので、余裕がある状態で住宅のローンを続けながらそのほかの借金を支払っていくことができるというわけです。

ただ、民事再生という方法は任意整理と特定調停とは異なって一部分の負債だけを切り取って手続きを行うことは無理ですし破産のように返済義務が帳消しになるわけでもありません。

くわえて、他の債務整理と比較して手続きの手順が簡単ではなく時間が必要ですので、住宅のローンを持っていて住んでいるマンションを維持していきたい場合等を除外して、破産手続きなどそれ以外の解決策がない際の限定された方法とみなした方がいいと思います。